MENU
学会事務局からのお知らせ

コロナ禍にともなう院生会員・常勤職にない会員の学会費減額について

日本社会学会 会員各位

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、大学院生や常勤職にない会員が経済状態の悪化によって研究継続が困難になる可能性に配慮し、日本社会学会理事会は、これらの会員に対し、2020年度の学会費を半額免除することを決定しました。

対象:正会員(院生)、常勤職にない会員の会費減額措置を受けている会員
金額:8,000円 → 4,000円

2020年度会費については、すでに4月23日付で請求書が発送されているため、4月中にも会員の皆様のお手元に減額前(8,000円)の請求書が届く予定です。
正会員(院生)と常勤職にない会員の方は、請求書の金額を4,000円に修正してお使いいただくか、日本社会学会ホームページの「マイページ」より減額後の年会費をクレジット決済にてお支払いください。
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/JSS

(4月28日追記)
・上記の会費減額処理を行うため、4月30日(木)13時~5月1日(金)18時の間、「マイページ」でのクレジット決済が停止いたします。

・会費減額の対象となる方で、クレジット決済をご利用になる方は、5月1日18時以降に「マイページ」からお願いいたします。

・すでに満額(8,000円)の年会費を振り込まれた方は、超過分(4,000円)を2021年度の年会費へ繰り越しとさせていただきます。これから2020年度分の常勤職にない会員の会費減額措置を申請される方も減額の対象となりますので、学会ホームページを参考にご申請ください。

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)