MENU
学会事務局からのお知らせ

ウクライナ情勢についての会長声明

声明

2022年2月24日、ロシア連邦のプーチン大統領は、主権国家であるウクライナに対して一方的に軍事的侵略行為を開始しました。その結果、双方の兵士のみならず、子どもも含む一般市民が多数犠牲になったと報道されています。極めて非人道的な事態だと断ぜざるを得ません。専制と抑圧を心より憎み、人間の安全保障の観点から平和な世界の構築を目指してこれまで研究活動を続けてきた者として、今回の侵略行為は絶対に許すことができません。直ちに停戦し、ロシア軍をウクライナの地から撤退させるよう、強く要求します。

2022年3月2日

日本社会学会会長 伊藤公雄

Statement

On February 24, 2022, President Putin of the Russian Federation launched a unilateral military aggression against the sovereign state of Ukraine. As a result, it is reported that not only soldiers on both sides but also the general public including children were killed. This is an extremely inhumane situation. This aggression is absolutely unforgivable. As a sociologist who hates tyranny and oppression and has continued my research activities aiming for a peaceful world from the perspective of human security, I urge a peaceful resolution and an immediate withdrawal of the troops from the land of Ukraine.

March 2, 2022

Kimio Ito, President of the Japan Sociological Society

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)