MENU
学会事務局からのお知らせ

ウクライナ情勢についての理事会声明

ウクライナ情勢に関する理事会声明

日本社会学会理事会は、2022年2月24日に開始されたロシア軍のウクライナに対する軍事侵略の即時停止、ならびにウクライナからの撤退を強く要請する。

この間、ウクライナの市民に対する無差別攻撃、原発施設への攻撃、核使用の威嚇、ロシア国内の言論弾圧など、許すべからざる蛮行が続いている。当理事会は、被害を受けた人々に対する安全確保と支援拡大を支持するとともに、ウクライナ出身の国内在住者・研究者・学生に対する人権保護を日本政府に要請する。また当理事会は、言論・表現・研究の自由を支持するすべての人々と連帯するとともに、国内に在留するウクライナ、ロシア、ベラルーシなどの人々に対する、いかなる差別や排除にも反対する。

2022年3月16日

日本社会学会理事会

 

 

JSS Board Statement on the Situation in Ukraine

The Board of the Japan Sociological Society strongly urges the immediate cessation and withdrawal of the Russian military aggression against Ukraine, which began on 24 February 2022.

During this period, unforgivable barbarism has continued, including indiscriminate attacks on Ukrainian civilians and on nuclear facilities, threats to use nuclear weapons and suppression of speech in Russia. We support the securing of safety and increased assistance for the victims and urge the Government of Japan to protect the human rights of residents, researchers and students of the Ukrainian origin in Japan. We also stand in solidarity with all those who support freedom of speech, expression and research, and oppose discrimination or exclusion of any kind of Ukrainian, Russian, Belarusian residents of Japan.

16 March 2022

The Board of the Japan Sociological Society

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)