MENU
学会内委員会

日本社会学会 英語アブストラクト・ワークショップ開催のお知らせ(9月1日・9月8日)

・JSS英語アブストラクト・ワークショップ開催のお知らせ
日本社会学会国際発信強化委員会は、国際学会や海外での学会での英語報告に挑戦する会員を支援するために、大阪と東京で下記の日程で英語アブストラクト・ワークショップを開催します。英語での表現をもっと工夫したいという方を対象とした実践的なワークショップです。ISA Forum 2020の応募者に限定しません。是非、ご参加ください。

○日時・場所
(関西地区)
2019年9月1日(日)13時~16時
谷岡学園梅田サテライトオフィス CURIO-CITY
(大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 南館16階
http://www.tanigaku.ac.jp/contents/guide/img/satellite_access.pdf

(関東地区)
2019年9月8日(日)13時~16時
東京大学赤門総合研究棟 センター会議室(549号室)
(東京都文京区本郷7-3-1
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html

○プログラム(敬称略)
(注)内容は、当日の参加者に応じて、変更することがあります。
13:00~14:15 挨拶(開催趣旨など)岩井紀子(大阪商業大学)
日本語表現と英語表現の違い コー・ダイアナ(法政大学)
セレクションの視点から 石田浩(東京大学)
作成の際に留意する点 佐藤嘉倫(東北大学)
14:15~14:30 休憩
14:30~16:00 グループワークでのアブストラクトの改善
数名ずつのグループに分かれて、各自の作成したアブストラクトについて、
より完成度の高い内容を目指して、アドバイザーも参加して検討を行う

アドバイザー:上記講師のほか、眞住優助(金沢大学)、佐々木尚之(大阪商業大学)、高丸理香(鹿児島大学)

○対象 日本社会学会 会員
○定員 各地区 約40名(先着順)
※定員に届き次第、参加申込を締め切ります。お早めにお申込をください。
○費用 無料
○申し込み方法
参加希望の方は、8月20日(火)までに、300 Wordsのアブストラクトを添えて、以下のサイトからお申し込みください。アブストラクトは、未完成の状態でもかまいません。提出していただいたアブストラクトの一部を講義の資料として取り上げる可能性があります。

参加申し込みフォーム: https://forms.gle/H73mMNYm38M3i2hz8
問い合わせ先:岩井紀子 n-iwai@tcn.zaq.ne.jp

2020年7月14日~18日に、ブラジルのポルトアレグロで開催される第 4 回 世界社会学会議Forumの報告概要の申請は、9月30日が締切です。
https://www.isa-sociology.org/en/conferences/forum/porto-alegre-2020

各RCがどのような部会をもつかは、下記のサイトでご覧ください。
https://isaconf.confex.com/isaconf/forum2020/webprogrampreliminary/programs.html

申請するためには、ISAの下記のサイトで登録し、IDを入手する必要があります。申請時にRCのメンバーでなくても申請できます。
https://isa.enoah.com/Registration?returnurl=%2fConfex%3furlkey%3d5riwbf

ISAForum2020 については、社会学関連の修士号取得後20年以内(研究中断期間を除く)の研究者・大学院生を対象として、1500 ~ 2000 Wordsのextended abstract (英語で未発表のもの;図表は別)を基に、優秀なabstractの執筆者2名に旅費援助を行います(「ISA Forum 2020トラベルグラント」)。今回は、大会が日本から遠いブラジルで開催されることを考慮して、一人25万円の見込みです。
募集は、ISAForum2020の報告の採択結果が通知される12月2日以降に開始し、審査結果の通知は1月末を予定しています。募集の詳細は、10月の大会以降に、本学会ウェブサイトとメールでお知らせします。
「ISA Forum 2020トラベルグラント」への応募は、JSS英語アブストラクト・ワークショップへの参加とは無関係です。

(日本社会学会国際発信強化委員会 委員長 岩井 紀子)

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)