MENU
公募情報

国立社会保障・人口問題研究所 研究員(社会保障研究部門)の公募について

公募要項(令和2年1月1 日付採用)
1 職 種
社会保障研究部門研究員(厚生労働技官・研究職)1人
2 業務内容
(1) 研究所が実施する社会保障に関する調査の企画・立案及び実施に携わり、統計学を用いた実証的な
方法による分析を通じて、政策的論点の整理や政策的インプリケーションの提示を含む研究成果の
提示・発信を行うこと。社会保障の機能及び役割、社会保障と経済社会構造との関係、その他の社
会保障の基礎理論に関する研究に従事すること。
(2) 研究所及び研究所職員が開催するシンポジウム・セミナー・研究会等の企画・立案及び参加、機関
誌の編集及び論文執筆、国際機関との連携事業、厚生労働省への資料提供等の関連各種業務に従事
すること。
3 応募資格
(1)大学院博士課程修了後概ね4年以内の学位(博士)取得者又はこれと同等と認められる者
(2)社会保障分野(年金、医療、介護、子育て支援、生活保護等)に関する統計学を用いた実証的研究
の業績を有すること。なお、医療・介護分野のレセプト情報・特定健診等情報等を利用した研究業
績があればその概要を記載すること。
(3)国家公務員としての責務を自覚して、研究に従事できること。省庁、研究者、報道関係、一般国民
等からの照会に対し、専門事項や研究成果をわかりやすく説明するためのコミュニケーション能力
を有すること。国際機関や外国政府等関係者、海外の研究者と英語その他の外国語による連絡調整、
専門的討論を行う語学能力を有することが望ましい。日本国籍を有しない者にあっては、日本語の
報告書や論文を執筆・発表できる日本語能力を有すること。
4 応募書類
(1)履歴書(A4版横書き)
記載内容:写真貼付(6か月以内撮影)、氏名(押印)、性別、生年月日、現住所、
連絡先(電話番号及びメールアドレス)、学歴(高等学校卒業以降)、
職歴(最終学歴から現在まで)、学位、所属学会を遺漏なく記入のこと。
語学能力について、具体的かつ客観的に記入すること。
(2)卒業証明書(大学以降)
(3)成績証明書(大学以降)
(4)学位記のコピー(大学以降)
(5)業績内容
著書、論文、学会報告等について以下のもの。
※関連する勤務実績(報告書執筆等)がある場合は、その内容について記載して差し支えない。
①リスト
②主要なもの5本以内の要旨(各1,000 字以内)
③②の全文のコピー1部(A4版)
(6)志望理由書(2,000 字以上)
※上記「2 業務内容」の内容と、これまでの研究・勤務実績等とを関連させながら具体的に記述
すること。
※ 送付封筒の表側に朱書きで「研究員(社会保障研究部門)応募書類」と必ず記入し、書留にて郵送
すること。
5 応 募 期 限 令和元年10月21日(月)(必着)
6 選 考 方 法 書類選考を行った後、90分程度の研究報告及び面接試験を行い、
決定する。結果はその都度連絡する。
7 採用予定日及び任期 令和2年1月1日(水)(予定)
(原則として、採用後6か月は条件付採用期間となる。)
8 採用後の勤務予定地 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6階
国立社会保障・人口問題研究所
9 勤務条件等
(1)給与は、「一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)」等に基づき、学
歴経歴等を勘案して決定する。
(2)1週間当たりの勤務時間は、38時間45分(週休2日制)。
(3)年20日の年次休暇(採用の年は、採用の時期により20日より少ない日数となる。)のほ
か、特別休暇(夏季・結婚・忌引・ボランティア等)、病気休暇の制度が整備されている。
(4)勤務時間は9時30分から18時15分までを基本とするが、フレックス制がある。
10 書類送付及び問い合わせ先
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6階
国立社会保障・人口問題研究所 総務課庶務係
電話 03-3595-2984(ダイヤルイン)
※業務内容、勤務条件、応募条件等に質問のある方は、下記に遠慮なくご質問ください。
メールアドレス saiyou@ipss.go.jp

会員情報管理システムSOLTI