MENU
公募情報

千葉大学 文学部行動科学コース社会学講座 教員公募(5月11日締切)

社会学講座教員の公募(理論社会学ならびに社会問題の社会学)

・機関名: 国立大学法人 千葉大学
・部署名: 大学院人文科学研究院・行動科学研究部門・社会学講座
・機関の説明(募集の背景):学部および大学院博士前期課程で「理論社会学」ならびに「社会問題の社会学」の授業を担当する専任教員(助教)の公募人事

業務内容:
◎研究
◎学部及び大学院の授業担当
学部科目:専門科目(「理論社会学」「社会問題の社会学」「社会学概説」等)
演習科目(「社会学演習」、「卒論特別演習」等)
講座教員が交替で担当する科目(「社会調査実習」、「社会学研究法」、「社会学原書講読」、「人間
探求基礎演習Ⅳ」等)
そのほか、「社会学基礎」(オムニバス)、「人文科学入門」、「先進教養セミナー」(オムニバ
ス)、「卒業論文」指導を含む
大学院(博士前期課程)科目:専門分野に関する講義科目と演習科目等
普遍教育(教養)科目:「社会学」等
◎学内業務:各種委員会業務、入試関連業務等、所属学部および全学の運営に関わる業務、普遍教育授業運営等

職種:助教

勤務形態:常勤(任期なし)

勤務地住所等: 〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33

募集人員:1名

応募資格:着任時に以下の条件をすべて満たしていること。
(1)上記の学部及び大学院の授業を担当できること。
(2)社会学の専門分野で博士の学位を有すること、もしくはそれと同等の研究業績を有し、大学院での指導ができること。
(3)募集分野に関する社会学の研究業績を有すること。
(4)専門分野を踏まえて研究・教育面で全学に貢献する意欲のある者。
(5)専門社会調査士資格を有し、社会調査士科目および社会調査関係科目を担当できることが望ましい。
(6)科研費等の外部資金の獲得に高い意欲を持ち、今後も獲得が見込まれる者。既に科研費等の外部資金ほかの競争的資金の獲得実績があることが望ましい。
(7)業務の遂行に必要な日本語能力を十分に有すること。
(8)大学での教育歴があることが望ましい。
(9)入試を含む大学運営、その他の校務に寄与できること。

待遇:
勤務時間:フルタイム(専門業務型裁量労働制を適用)
給  与:学歴・職歴等を勘案の上、本学給与規定に基づき支給。国立大学法人千葉大学新年俸制職員給与規程を適用(下記URL)。
https://www.chiba-.ac.jp/general/JoureiV5HTMLContents/act/frame/frame110001356.htm
休  日:原則として土・日曜日、国民の祝日、年末年始
有給休暇:国立大学法人千葉大学就業規則に準拠
各種手当:通勤手当等
社会保険等:文部科学省共済組合、雇用保険、労働者災害補償保険に加入。
国立大学法人千葉大学就業規則:
https://www.chiba-.ac.jp/general/JoureiV5HTMLContents/act/frame/frame110000034.htm
定年年齢:65歳

募集期間: 2022年3月22日(火)から5月11日(水)(17時必着)まで

着任時期: 2023年1月1日予定(着任時期については応相談、最も遅い場合でも2022年度中に着任していただく予定です)

応募書類:(いずれも下記の条件を満たせば様式は自由とします)
(1)履歴書(生年月日記載)1通
※選考結果等の連絡を電話とE-mailにて行うので、必ず日中に連絡のつく電話番号とE-mailアドレスを記載して下さい。
※学歴は高等学校卒業以降を記入し、教職歴には講義科目を明記して下さい。
(2)業績一覧目録 1通
※ ①著書、②学術論文、③学会発表、④その他の業績(翻訳等)、⑤競争的資金(金額も記載)につき、それぞれ基本的な情報を記すとともに、単著・共著(単訳・共訳)の別、査読の有無(②に関しては必須)を明記すること。また主要業績3点に丸印をつけること。
※近刊の業績については掲載を証明できる書類を添付して下さい。
(3) 応募者本人の研究業績内容、教育業績、社会的活動、人柄等について良く知り、応募者について照会できる方(1名)の氏名・所属・職名・連絡先・応募者との関係を記載した書面をつけてください。
(4)業績一覧のなかの①の著書あるいは②の学術論文のうち主要業績3点(各3部。著書の場合は3部のうち少なくとも1部を原本(現物)とする。学術論文の場合は3部ともコピーでかまわないが、抜き刷りがあればそれを用いてもよい。主要業績3点のうちに博士論文を含めてもかまわない。)
(5)主要業績3点の要旨(主要業績1点ごとにA4で1,000字程度の要旨を作成して提出のこと。書式は自由。)
(6)研究計画書 (過去の研究歴と今後の研究計画をまとめたもの。A4で1,000字程度。書式は自由。)

送付先:封筒表面に「社会学講座教員公募」と朱書きし、下記に簡易書留郵便、書留郵便、あるいはレターパックプラスにて送付してください。

〒263-8522 千葉県千葉市稲毛区弥生町 1-33
千葉大学西千葉地区事務部人社系総務課 総務第一係
(※なお、応募書類は本選考以外の目的には使用せず、審査終了次第適正な方法で廃棄します。返却を希望する場合はその旨を明記し、切⼿貼付済み返却用封筒、または宅配便宛名ラベル(着払い用)を同封してください。)

選考方法:書類選考の他に、選考の過程で追加の資料(授業のシラバス等)を提出して頂く場合や、書類選考後、面接を行う場合があります。面接の際の旅費等は自己負担となります(Covid-19感染症対策のためにオンライン面接となる場合もあります)。選考結果は、選考後すみやかに本人に通知します。

問い合わせ先:
千葉大学西千葉地区事務部人社系総務課 総務第一係
jinsha-soumu@chiba-u.jp
※メールの標題を「社会学講座教員公募について」とすること

備考:千葉大学は、男女共同参画を積極的に進めています。
https://www.gakuzyutsu.chiba-u.jp/index.html
詳細は、研究者人材データベース(JREC-IN)をご覧ください。

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)