MENU
公募情報

一般財団法人住総研 2023年度研究・実践助成 募集のお知らせ(1月31日締切)

(お知らせ)一昨年度(2021 年度募集)から助成金額及び件数を「拡大」しました。
■助成金額 : 従来の 100 万円から 130 万円(上限)/件に拡大
■助成件数 : 従来の 20 件程度から 25 件程度に拡大。

是非ご応募ください。

住総研2023年度 研究、実践助成

※応募の詳細は、次の URL からご覧ください。
http://www.jusoken.or.jp/josei/study_gaiyou_2023.html

2023年度 研究・実践助成

住関連分野における研究の発展や研究者・実践者の育成及び支援の観点から、将来の「住生活の向上」に役
立つ内容で、学術的に質が高く、社会的要請の強い又は先見性や発展性等が期待できる「未発表」の「研究」・
「実践研究活動」に対して助成します。研究・実践研究活動の成果は、選考委員会(研究運営委員会)での査読を
経て、『住総研 研究論文集・実践研究報告集』として発刊し、HP や J-STAGE 等で公開します。
さらに研究・実践の論文・報告書の中から優れたもの 3 ~ 4 編程度を選考し、「住総研 研究・実践選奨」及び
「奨励賞」を贈り、発表の機会等も設けています。

1.助成対象( 申請は、A. B.どちらか一方の応募とします)

A. 研究助成
住関連分野の研究とし、他分野に及ぶ学術的な研究を含みます。

B.実践助成
住関連分野の実践活動とし、「住まい方やまちづくり活動の中で水平展開できる活動」、或いは「学術的な研究」の実証や試行中または運営中の学術的な活動に対して助成します。公益性があり、先駆的、社会的な活動やその普及・展開活動等です。

テーマは問いませんが、重点テーマは、次のとおりとなります。 (A・B 共通)
<重点テーマ>「郊外住宅地のネイバーフッドマネジメント」
<自由テーマ>任意にテーマを設定

2.応募資格 ( 申請は1 グループにつき1 件までとします)

当該研究のためのグループとし、グループ・個人の所属は問いませんが、
団体名及び法人名での申請は不可 英語での応募は、日本語サマリーを提出。

3.募集期間 (電子申請のみの受付とします)

2022 年10 月1 日~ 2023 年1 月31 日24:00 データ送信締切

4.助成金額・件数[拡大]

1 件あたり130 万円を上限とし、研究助成・実践助成合わせて、25 件程度を予定。

5.助成対象期間

2023年7月~2023年10月

 

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)