MENU
イベント情報

社会運動論研究会のご案内(5月26日)

社会運動論研究会のご案内

日時:2019年5月26日(日)14:00〜18:00

場所:上智大学 四ツ谷キャンパス2号館6階615会議室

 

報告:

大畑裕嗣(明治大学)

「何が起こった(ている)?――ウィリアム・ドレイと歴史的説明論と戦後社会学、現代日本の社会運動論」

 

大貫挙学(佛教大学)

「「バトラーにおける『身体の政治性』再考――後期近代の社会運動を理解するための一試論」

 

■関連文献

▼大畑裕嗣

「何が起こった(ている)?――ウィリアム・ドレイの歴史的説明論と戦後社会学, 現代日本の社会運動論」『明治大学人文科学研究所紀要』84冊, 近刊.

「モダニティの変容と社会運動」曾良中清司他編『社会運動という公共空間――理論と方法のフロンティア』成文堂, 156-189, 2004.

『現代韓国の市民社会論と社会運動』成文堂, 2011

▼大貫挙学

『性的主体化と社会空間――バトラーのパフォーマティヴィティ概念をめぐって』インパクト出版会, 2014

「J. バトラーの『倫理』概念をめぐって――パフォーマティヴィティ理論における『他者性』の観点から」『現代社会学理論研究』12,90-102, 2018.

「刑事裁判のジェンダー論的考察――女性被告人はどのように裁かれているのか?」渡辺秀樹・竹ノ下弘久編『越境する家族社会学』学文社, 155-71, 2014.

http://blog.livedoor.jp/socialmovements/

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)