MENU
イベント情報

社会運動論研究会開催のご案内

社会運動論研究会開催のご案内

日時:2019年7月13日(土)14:00-18:00

場所:上智大学四谷キャンパス2号館6階615会議室

https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html

報告:

アレキサンダー・ブラウン(日本女子大学)

「プレカリアートはなぜ脱原発を訴えたのか」

ブラウンさんは以下の本の著者です。

Brown, Alexander J., 2018, Anti-Nuclear Protest in Post-Fukushima Tokyo: Power Struggles, London: Routledge.

報告に関連する文献は以下の通りです。

Brown, Alexander, 2016, ‘Above and below the streets: a musical geography of anti-nuclear protest in Tokyo’, Emotion, Space and Society, vol. 20, pp. 82–89.

Brown, A. & Bender, C.T. 2016 ‘The Global Hiroba: Transnational Spaces in Tokyo’s Anti-nuclear Movement’, in R.J. White, S. Springer, M.L. de Souza (eds), The practice of freedom: anarchism, geography and the spirit of revolt, Lanham: Rowman & Littlefield.

以下の研究ブログもご覧になれます。

https://lovefromtokyo.co/

ウィリアム・アンドリューズ(上智大学)

「2020年東京オリンピックの反対運動ー公共性、トランスナショナル化、遊戯的な抗議行動」

アンドリューズさんのホームページは以下、日本の社会運動について2冊の本を書かれています。

The Author

He is the author of Dissenting Japan: A History of Japanese Radicalism and Counterculture, from 1945 to Fukushima (Hurst, 2016). His second book, The Japanese Red Army: A Short History, was published in German in

2018 by Bahoe Books.

http://blog.livedoor.jp/socialmovements/archives/52561928.html

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)