MENU
イベント情報

「JGSS国際シンポジウム2020」開催のお知らせ

大阪商業大学JGSS研究センター(日本版総合的社会調査共同研究拠点)では、2020年
1月11日(土)~12日(日)の2日間にわたり、「JGSS国際シンポジウム2020」を開催
いたします。シンポジウム当日のプログラムが確定し、優秀論文の受賞者が決まりま
したので、ご案内申し上げます。

初日の1月11日は、「日本学術振興会『人文学・社会科学データインフラストラク
チャー構築推進事業』データ共有基盤の構築・強化に向けて」をテーマとして、日本
学術振興会、国立情報学研究所、各拠点機関より、同事業についての取り組みを報告
します。

1月12日は、世界価値観調査のPresidentであるChristian W.Haerpfer博士をお招きし
て、基調講演をしていただくほか、JGSS、EASS(East Asian Social Survey)プロ
ジェクトに参加している日本、韓国、中国、台湾の研究者が、それぞれの研究成果を
発表します。また、「JGSS公募論文2019」優秀論文の表彰、優秀論文受賞者による報
告もあります。

■ 日時   1月11日(土)13:00~ 1月12日(日)17:45
■ 場所   大阪商業大学 ユニバーシティホール「蒼天」(大阪府東大阪市)
■ 参加申込 当センターホームページ(http://jgss.daishodai.ac.jp/)の「新着
情報」より
参加申込用紙を入手のうえ、1月8日(水)まで、
Eメール(添付ファイル)でお申し込みください。

■ プログラム

● 1月11日(土)

<13:00~16:30>
【Part I】「日本学術振興会『人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築
推進事業』データ共有基盤の構築・強化に向けて」のシンポジウム(日本語)

廣松 毅(人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進センター セン
ター長)
「日本学術振興会『人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業』
について」

朝岡 誠(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター 特任助教)
「社会科学におけるオープンサイエンスのためのインフラストラクチャー」

三輪 哲(東京大学社会科学研究所 社会調査・データアーカイブ研究センター 教
授)
「オープンサイエンス推進の時代における社会調査・データアーカイブ研究センター
の役割」

石井 加代子(慶應義塾大学経済研究所パネルデータ設計・解析センター/慶應義塾
大学経済学部 特任准教授)
「パネルデータ設計・解析センターの機能と発展」

田中 雅行(一橋大学経済研究所社会科学統計情報研究センター 准教授)
「人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業 一橋大学における
取組状況」

山田 太造(東京大学史料編纂所 助教)
「日本史史料の長期利用に向けたシステム環境整備」

宍戸 邦章(JGSS研究センター 運営委員/公共学部教授)
「データ整備とダウンロードシステムの構築」
「整備を進めているデータの紹介:経済ゲーム参加者の行動・心理特性、日本ビジネ
スエリート調査1960/1970、アジアンバロメーター調査4日本版など」

青柳 みどり(国立環境研究所社会環境システム研究センター 主席研究員)
「時系列調査について」

中谷 友樹(東北大学大学院環境科学研究科 教授)
「JGSSと地理情報の連結:地理的マルチレベルデータ解析の広がり」

<16:45~17:50>
データインフラストラクチャーパネルディスカッション

<18:00~19:30>
レセプション

● 1月12日(日)

<10:00~12:20>
【Part II】JGSSシンポジウム(日本語)

孟 哲男(大阪商業大学JGSS研究センター 主任研究員)
「JGSSの回収率に関する研究:接触成功率・協力獲得率とインターフォンの種類」

宍戸 邦章(大阪商業大学JGSS研究センター運営委員/総合経営学部教授)
「JGSS累積データから見る日本人の意識と行動」

<JGSS公募論文2019 優秀論文の表彰と受賞者の報告>
中 澪(早稲田大学大学院文学研究科)
「同性愛に対する意識:JGSSを用いた規定要因分析と要因分解」

釜野 さおり(国立社会保障・人口問題研究所人口動向研究部 第2室長)
「日本における同性間の婚姻に対する意識:JGSS-2018を用いた分析」

阿部 彩(首都大学東京大学院人文科学研究科 教授)
「JGSSからみる貧困と家族からの孤立」

【Part III】 EASS Symposium (in English)

<13:30~14:30>
□ Keynote Addresses

“The World Values Survey: Organization, History, and Findings in East Asia
and Beyond (1981-2020)”
Christian W. Haerpfer (President of World Values Survey Association &
Kseniya Kizilova, Head of the Secretariat, World Values Survey Association)

<14:45~15:25>
□ Overview of East Asian Social Survey (EASS)

“Overview of EASS and EASS Data”
IWAI, Noriko (Professor, Director, JGSS Research Center, Osaka University of
Commerce)

“Overview and Influence of KGSS”
KIM, Jibum (Professor, Survey Research Center, Sungkyunkwan University) KIM,
Seokho (Department of Sociology, Seoul National University)

“Overview and Influence of CGSS”
WANG, Weidong (Associate Professor, School of Sociology and Population
Studies, Renmin University of China)

“Overview and Influence of TSCS”
WU, Chyi-In (Deputy Director / Research Fellow, Institute of Sociology,
Academia Sinica)

<15:25~16:15>
□ Examination of Trend Over the Decade with EASS Data

“Results from EASS 2006 and EASS 2016 Family Module”
SASAKI, Takayuki (Member of JGSS Steering Committee/Associate Professor
Faculty of Public Affairs, Osaka University of Commerce)

“Results from EASS 2008 and EASS 2018 Globalization Module”
TAKEMOTO, Keisuke (Post-doctoral Fellow JGSS Research Center, Osaka
University of Commerce)

<16:30~17:45>
□ EASS Panel Discussion on the Health Module: Toward the 2020 Health Module
“Overview of the EASS 2010 Health Module and Macro Health Statistics
Trends”

※プログラムの詳細は http://jgss.daishodai.ac.jp/JGSS_SYMPOSIUM2020.pdf
をご覧ください。

■ 問い合わせ先
大阪商業大学JGSS研究センター
(できるだけ電子メールにてお問い合わせ下さい)
Tel:06-6785-6013/Fax:06-6785-6011
http://jgss.daishodai.ac.jp E-mail:jgssd1801@daishodai.ac.jp

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)