MENU
イベント情報

「EPAインドネシア人看護師・介護福祉士の日本体験:10年のあゆみ」シンポジウムのお知らせ

シンポジウム「EPAインドネシア人看護師・介護福祉士の日本体験:10年のあゆみ」のお知らせ

2008年にEPAによる看護師・介護福祉士候補者の第1陣が来日して10年余が経過し、永住権を取得した人も出てきました。本シンポジウムは、日本で就労を続けている人に焦点あて、外国人が日本で就労を続ける際に出会った困難などについて当事者から語ってもらうとともに、研究者からも外国人医療労働者をめぐる諸問題について話していただきます。EPAに関心を持つ方々と、来日する外国人労働者と受け入れ側の双方にとって、よい環境を整えるための条件や政策課題を語り合えることを期待しております。

お申込み(定員 60名):参加費は、無料ですが以下のURLからの申し込みをお願いします。https://docs.google.com/forms/d/1TDYfhNJBvTAXFH_1DoyQuhyY4KaIe3h8qqCrJ7Wx1fE/edit

問い合わせ先: 浅井亜紀子 epasymposium@gmail.com

日時:2020年 2月24日(月)10:00~17:00
場所:桜美林大学新宿キャンパス J301教室(JR新大久保駅より8分)
地図:https://www.obirin.ac.jp/access/shinjuku/

プログラム
第Ⅰ部: 当事者にとってのEPA10年  10:00~12:00
テレシア・マリア・トジ・ピオ   (1陣看護師)
イェルビス・エメリア・エレンス  (1陣看護師)
ジョコ・マリスタム       (1陣介護福祉士)

第II部 EPA研究:3つのアプローチ  13:30~17:00
文化心理学の立場から      浅井亜紀子(桜美林大学)
保健医療社会学の立場から   平野裕子(長崎大学)
国際関係・政策の立場から   阿部温子(桜美林大学)
指定討論者           奥島美夏(天理大学)久保田真弓 (関西大学)

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)