MENU
イベント情報

社会運動論研究会のご案内(12月6日)

日時:2020126()14:00-18:00

場所:Zoom開催(要事前申込)(情勢によっては会場開催と組み合わせる可能性あり)

報告:
横尾俊成(港区議会議員、慶應義塾大学大学院博士課程)
「『同性パートナーシップ制度』の採用、および波及過程:社会運動によるSNSの活用が与えた影響に注目して」

関連文献
横尾俊成,2019,「『札幌市パートナーシップ宣誓制度』の導入過程におけるSNSを介したフレーム伝播」『社会情報学』81号.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ssi/8/1/8_65/_pdf/-char/ja

横尾俊成,2019,「地方自治体の政策転換におけるSNSを用いた社会運動のフレーミング効果:渋谷区「同性パートナーシップ条例」の制定過程を事例に」『関西学院大学先端社会研究所紀要』16号.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/iasr/16/0/16_1/_pdf/-char/ja

 

合評会

原田峻(金城学院大学):「『ロビイングの政治社会学』で問うたもの:社会運動論・政策過程論・NPO論のあいだで」

コメンテーター:仁平典宏(東京大学)、佐藤圭一(一橋大学)

関連文献:原田峻,2020,『ロビイングの政治社会学』有斐閣.

 

研究会自体はどなたでもご参加いただけるのですが、Zoom開催の場合に一定の制限をかけないとサイバー攻撃を受ける可能性がある(実際にゼミ中に変な人が入ってきた例もある)ため、以下のような手順をとります。

1.以下までご連絡ください。単純に「参加希望」とでも書いていただければ堅苦しい文面は不要です。

higuchinaoto@waseda.jp

2.該当ホームページ、IDとパスワードを返送します。

3.当日、ページにアクセスしてご参加ください。

 

研究会運営委員会
http://blog.livedoor.jp/socialmovements/

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)