MENU
イベント情報

「東大社研パネルシンポジウム2022」のお知らせ(2月24日)

東大社研パネルシンポジウム2022
https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/socialresearch/sympo/f2021.html

東京大学社会科学研究所では、2022年2月24日(木)に「東大社研パネルシンポジウム2022」を開催いたします。東京大学社会科学研究所が実施しているパネル調査のデータを用いた分析結果の報告と、「コロナ禍の家庭,子育て,就業――若年・壮年パネル『ウェブ特別調査』からの知見」と題したシンポジウムを企画しております。どなたでもご参加いただけますが、オンライン開催のため事前のお申し込みが必要となります。お申し込みいただいた方々に、Zoomのミーティング情報をお送りいたします。皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

●日時と場所
日時:2022年2月24日(木)15:00〜18:00
場所:Zoomによるオンライン開催
お申し込み:https://forms.gle/iHKVYnKNM45m9mxy6

●プログラム
■所長挨拶
玄田有史(東京大学社会科学研究所・所長)

■第一部 15:00〜16:30:研究報告
司会:石田賢示(東京大学社会科学研究所)
俣野美咲(東京大学社会科学研究所)・石田浩(東京大学社会科学研究所):「東大社研パネル調査のこれまでの蓄積と今後の展開」
柳下実(東京都立大学大学院):「子どもの成長と親の生活時間」
塚田祐介(ハワイ大学大学院):「雇用の安定性に関する満足度とメンタルヘルス――高卒パネル調査の分析から」
田邉和彦(大阪大学大学院・日本学術振興会):「若年層におけるジェンダー・ステレオタイプの形成――「高校生と母親調査」を用いて」

■第二部 16:45〜18:00:シンポジウム「コロナ禍の家庭,子育て,就業――若年・壮年パネル『ウェブ特別調査』からの知見」
司会:大久保将貴(東京大学社会科学研究所)
田中茜(東北文化学園大学現代社会学部)・三輪哲(東京大学社会科学研究所):「新型コロナウィルス感染拡大への対応と行動変容」
多喜弘文(法政大学社会学部):「子どものいる世帯に対するコロナ禍の影響」
仲修平(明治学院大学社会学部):「コロナ危機における私的/公的な対応――就業形態の違いに着目して」

●主催
東京大学社会科学研究所『働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査プロジェクト』

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)