MENU
イベント情報

『新社会学研究』WEB座談会:論文投稿と査読のホントの所のご案内(3月18日)

院生の皆さんへ!投稿論文を磨き上げる為に何が必要か!
〈WEB座談会:論文投稿と査読のホントの所(3月18日開催)のご案内>

本座談会は、現在第6号まで刊行されている『新社会学研究』(新曜社刊)の連載企画「論文投稿と査読のホントのところ」に由来するものです。『新社会学研究』の編集同人5名と、投稿掲載歴のある若手研究者3名が、論文投稿・査読の意義や実態、課題、今後のあるべき姿(そして時には裏話)などについて、ざっくばらんに議論します。無料です。どなた様も奮ってご参加下さい。

◆日時
2022年3月18日(金)14:00〜15:30(予定)

◆開催方式
Zoom(先着100名)とYouTube同時配信にて(どちらも参加無料)

◆申込方法
新曜社のメールアドレス(webmaster@shin-yo-sha.co.jp)宛に、件名「座談会参加希望」と記載のうえ、ご連絡ください。先着100名様まで、Zoomでの参加が可能です。それ以降にお申し込みいただいた方も、YouTubeで同時配信しますので、そちらを是非ご視聴ください。ご連絡いただいたアドレス宛に、ZoomやYouTubeのURLをお送りします。(最新情報は下記で確かめることが可能です。https://www.shin-yo-sha.co.jp/news/n46009.html

◆企画構成(仮)
1)      論文投稿・査読システムの意義について
2)      社会学の査読・投稿文化の現状認識と未来予想
3)      『新社会学研究』の論文投稿・査読における実践の振り返り
4)      参加者からの質疑応答

◆登壇者
栗田宣義(司会:甲南大学)、樫田美雄(神戸市看護大学)、小川博司(関西大学)、三浦耕吉郎(関西学院大学)、好井裕明(日本大学)、陳怡禎(日本大学)、吉村さやか(日本大学)、山本夏生(一橋大学)、伊藤健太(新曜社)

◆お問い合わせ先
何かご不明点などございましたら、樫田美雄(kashida.yoshio@nifty.com)まで。

会員情報管理システムSOLTI
(学会ニュース閲覧もこちらから)